2015年8月9日 手刻み内覧会準備

石徹白洋品店、新築工事の手刻みの始まりに合わせて手刻み内覧会なるものを行いました。近年では珍しい職人の手技による手刻みの現場を多くの方に見ていただきたい。そして多くの子供達に木に触れてもらいたい思いで手刻み内覧会を企画いたしました。

 

151224_1 151224_2

大工さんの工場って近づきにくい・・けれど見てみたい!?

通常、工場というところは仕事をしているところなので気軽に立ち寄りにくいかと思います。しかし、だからこそ見てもらいたい材木・・・木の香り・・大工さんの仕事などがあります。

151224_4

今回は特別に檜のカンナ屑を工場一面に巻き檜の香りたくさんにいたしました。当日訪れていただける方にこの香りを是非届けたいと思います。木の香りには心を落ち着かせる効果があるとも言われております。もしそんな木で作った家に住めたなら??

 

心地の良い家になること間違いなしです。

151224_7

さてさて、内覧会に向けて様々な準備をいたしております。
嬉しいことに全国各地より多くの職人さんが助っ人に駆けつけ、嬉しくて・・調子に乗って予定より多い出し物に展示物!!

良い内覧会になる気がしてきました。

 

151224_6

最高の場所だからこそ最高の仕事ができる!!

手刻み以外にも見ていただきたいものが有ります。
上記写真に写るとても素敵な風景は工場の前に広がる風景なのです。

現代では考えられないような原風景・・・は言い過ぎかもしれませんが(汗)
自然に囲まれた最高の場所だからこそ、作り手の職人も気持ち良く仕事ができとても良いものができるのだと樹杜屋は考えています。

151224_3

いつの間にか応援の大工さんが特殊な継手の模型を完成させていました。
この継手・・・名前がないんです!そして、樹杜屋の住む飛騨市宮川町にのみ存在する継手の一種なのです。

丸太と丸太を載せかけて、栓で止める。ただそれだけなんです!

古民家解体のバイトをしていたからこそ知ることができた、ここにのみ存在するここだけの方法ということになりますね。そしてこの模型を作った理由は・・解体の際にもっとも状態良く繋がっていた事から仕事では必ず使う継手となったのです。

151224_5

さて、先日山より搬出した根の曲がった杉の丸太を何やら不思議な形で設置いたしました!これは当日のお楽しみ・・・だけど前日からすでに遊んでいる人たち。

内覧会楽しみになってきました。

pagetop