はじめまして。樹杜屋あらべぇの使命について

©グラノワ糸井

©グラノワ糸井

はじめまして。樹杜屋あらべぇです。

自然と共存する日本の生活スタイル、建築文化を通して古くより自然の営みと木の家の生活が密接であることを知ってもらい、一人でも多くの方に木の家に興味を持っていただき、大工の手刻みによる伝統構法の木の家が多く建てられる未来を作る事が私の使命です。

 

誰にでも伝統構法の木の家は建てられる

森を育む林業家(きこりさん)と木を扱う大工職人の知識と技術があれば木の家は建てられます。

しかし現状、伝統構法で自然素材を使っても石油製品などを使い、素材の組み合わせを間違えれば素材の良さを生かせず、室内環境も人が生活する上で良い状態とは言えずに建てた家も短い耐用年数で解体され産廃として埋め立てる事となり非常に効率が悪く環境にも強く負荷がかかってしまっているのが現状です。

住宅設備も便利になり扱い易くておしゃれなキッチン清潔なトイレに暖かいお風呂短期間というスパンで作っては廃棄に埋め立てしかできない現代の構法の繰り返しでは世の中はゴミで溢れかえり持続的に便利な生活が次世代へ引き継げないと思います。

現在の木の家つくりは問題が多い

未来の日本のために伝統構法の木の家と現代の便利な生活を融合した次世代の為の家つくりをする必要があります。

かつては結(ゆい)と呼ばれる制度があり、集落の住民総出で助け合い協力し合う事で職人だけで行う事による、多大な費用と期間が軽減できました。

失われてしまった文化ですが現代こそ必要ではないかと思います。
そんな日本の生活と文化を守る伝統構法の家を作りたい。

木の寿命が尽きるまで何度でも繰り返し使えるそんな家を作りたい。

大工と家つくりをみんなで楽しく行うことでこの森と共に生きる木造建築で日本中を明るく元気にしたいです!!

長く住み続けられ自然素材を使った手刻み伝統構法の木の家を多く建てることで便利な生活を継続的に次世代に引き継げる未来をつくっていきます。

 

pagetop